本文へスキップ


TEL. 06-6351-1055

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3丁目6番5号
















トップ > TOPICS一覧
   

 TOPICS                 

 2022年4月 
共立理化学研究所 アスベスト検出キット DK-ASB-2 リニューアル発売
約5分で建材のアスベスト含有がわかるスクリーニングキットを5月リニューアル発売します。
石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル(厚生労働省、2.20版、平成30年3月)における材料レベル1(石綿含有吹付け…
  
詳しくはこちら>>>


 
2022年3月 
HORIBA オンラインTOC計 T1 新発売
新型オンラインTOC計 MODEL T1が発売されました。
TOCの分析は、水中に含まれる有機物質を分解し、有機体炭素を二酸化炭素にします。その濃度から炭素を定量する手法で、水質汚染度の指標として用いられます。また…
 
 詳しくはこちら>>>
                               

 
2022年3月
HORIBA 汚れないPH電極(プロセス用) 発売予定
HORIBAアドバンスドテクノ社より、プロセス用セルフクリーニングPH電極6122がまもなく発売予定。

PH応答ガラス膜を多孔質TiO2光触媒コーティングしており、電極内部から発するUV光照射により活性化され、電…
 
 詳しくはこちら>>>


 
2022年3月 
共立理化学研究所 パックテスト BOD
共立理化学研究所パックテストにて新たにBOD(生物化学的酸素要求量)が発売。BODの概略値でで現場スクリーニングに最適です。
排水管理、スクリーニング試験、公定法によるBOD測定時の希釈率推定などにご利用いただけます。検水の種類や性… 
  詳しくはこちら>>>


  2022年3月 
ULVAC 真空ポンプ油 R-7、R-4 販売終了
ULVAC社より販売しております『真空ポンプ油ULVOIL R-7、R-4』2022年6月末をもって販売終了いたします。
後継油は、既に現行販売油のILVOIL R-72、R-42となります。水分を多く含む用途では、真空ポンプ内で水とオイル…
  詳しくはこちら>>>


 2021年12月 
ケット科学研究所 Kett 近赤外線水分計 KB230 紹介動画
JASIS2021に出展してりましたケット科学研究所より、展示ブースでご紹介しました多くの測定器のなかでも、ご注目をいただいた『近赤外水分計KB230』の紹介動画が公開されましたので是非ご覧下さい。
  
 詳しくはこちら>>>


  2021年12月 
ハミルトン社・VICI社 シリンジ価格改定
ご愛顧いただいておりますハミルトン社・VICI社シリンジが、2021年1月より価格改定致します
  
   詳しくはこちら>>>


  2021年12月 
オルガノ イオン交換樹脂・フィルタ関連 価格改定
オルガノ社のイオン交換樹脂・合成吸着材・活性炭関連製品・フィルターについて価格改定がございます。
  
   詳しくはこちら>>

 
 2021年11月
HORIBA  LAQUAオートサンプラー
LAQUA卓上型PH・水質分析計F/DS−70シリーズ専用のオートサンプラーCHS120にシャワー洗浄ラック及びシャワー洗浄槽を追加ラインナップされました。
これまでの電極洗浄槽では洗いきれなかった粘性サンプルや粒…
  詳しくはこちら>>>


 2021年9月 
HORIBA 卓上型PH/水質計 F-2000・PH-SE 新発売
HORIBA 卓上型PH/水質計が新発売。
卓上型PH/水質計(モノクロ液晶モデル)LAQUA F-2000シリーズ、エントリーモデルPH計 LAQUA PH-SEシリーズ、純水用電気伝導率セル9371-10Dが
新たにラインナップ。

 
   詳しくはこちら>>>


  2021年8月 
共立理化学研究所 パックテスト カドミウムセット 新発売
共立理化学研究所より新製品『パックテストカドミウムセット』が新発売。
水質汚職に係る環境基準0.003mg/Lから一律排水基準0.03mg/Lまでのカドミウムを目視またはデジタル水質計で測定が可能。主に排水管理(鉱業・窯業)、土壌…
  詳しくはこちら>>>


  2021年6月 
共立理化学研究所 パックテスト 一部型式販売終了
共立理化学研究所では多品種の製品を展開しておりますが、昨今新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、手作業による製造工程もあり、すべての製品を安定的に製造供給することが、困難な状況になりつつあります。つきましては、一部の製品を販売終了することとなりまし…  詳しくはこちら>>>


  2021年6月 
HORIBA PH標準液の梱包形態変更
これまでPH標準液を化粧箱に入れ提供しておりましたが環境負荷軽減の観点から、今後化粧箱を廃止することとなりました。
従来の化粧箱に入った標準液の在庫が無くなり次第、順次ボトルのみでの出荷となります。

    
  詳しくはこちら>>>



ナビゲーション

バナースペース