本文へスキップ


TEL. 06-6351-1055

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3丁目6番5号
















トップ > TOPICS一覧 > HORIBAオンラインTOC計 T1 新発売   


|HORIBA オンラインTOC計 T1 新発売         



 新型オンラインTOC計(自動全有機炭素測定装置)MODEL T1 が発売されました
 
 TOC分析は、水中に含まれる有機物質を分解し、有機体炭素を二酸化炭素にします。
 その濃度から炭素を定量する手法で、水質汚染度の指標として用いられます。また、全結
 合窒素量も水質管理における主要パラメータです。TOCは DIN EN 1484に、TNbはDIN
 EN 12260に準拠して測定されます。T1の特徴である1,200℃燃焼酸化方式により、
 両指標の効率よい測定を実現しました。触媒が不要で、測定試薬を最小限にすることで
 ランニングオペレーションコストを削減します。



   
特徴
    ●1,200℃高温燃焼酸化方式
     → 触媒不要
     → 高い酸化分解力で50,000mg/Lまでの高濃度サンプルにも対応
       
(※但し、測定環境やサンプルの種類等に依って異なります)
     → 幅広いアプリケーションに対応
     → 高濃度・高塩分含有サンプルでも燃焼炉の閉塞が起り難い
     → ランニングコスト・メンテナンス負荷低減

   ●高速処理を実現 (TC:1分、NPOC:3分)

   ●装置状態把握によりCBM(Coondition Based Maintenance)へアプローチ

   ●流路切替時の前測定サンプル残差影響を軽減(接液材質PTFE+自動洗浄機能)
 
   ●多彩な通信プロトコルを有しIndustry4.0に対応

 
   
   
オンラインTOC計 T-1カタログpdf


 



ナビゲーション

バナースペース